マガジン
マガジン

  1. 名古屋でダンスの練習するなら、リフレクトスタジオ

スタジオ利用レポート2016.09.15

名古屋でダンスの練習するなら、リフレクトスタジオ

ダンスが必須科目になった今日、ダンスを趣味にしたり、プロでダンサーを目指す人が増えてきているのではないでしょうか。
文部科学省ではダンスが必須科目になった理由として、ダンスは「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。としています。
このようにダンスを踊ることによって、ただパフォーマンスをして発表をする目的だけでなく、運動、交流、自己表現などを同時に習得することができるのが教育においても利点があるそうです。



ダンスのジャンルは様々です


ヒップホップ、レゲエ、ブレイク、ジャズ、ロック、タップ、サルサベリーダンス、ポールダンス、フラメンコ、バレエ、タンゴ
ダンスにはこのように様々なジャンルがあります。
そしてこれらのダンスは少人数でも大人数でも踊ることができ、またペアで踊る社交ダンスなどジャンルや人数の組み合わせによって様々なパフォーマンスの仕方があります。
最初どれを始めたらいいのかわからない人は、インターネットでダンスの動画を検索してみたり、体験教室なんかに行ってみて自分の気に入ったジャンルのダンスから始めてみると良いかもしれないですね。



では、ダンスを始めるにあたって必要なものとはなんでしょうか。
実際のところ体一つでできてしまうのがダンスの魅力ではありますが、もっとダンスを楽しむ為に色々準備しておくとより充実したものになると思います。
怪我をしないようなスニーカーシューズ、そしてダンスは体を動かす為汗をかくので、タオルや飲み物、替えのTシャツなんかも必須アイテムになりますね。
それから、踊る環境もとても重要になります。
ダンスを練習する空間が狭いとダンサー同士でぶつかってしまったり自分の動きに集中できなかったりと上達への道がなかなか開けません。
ですから、スタジオはもちろん広いほうが良いです。また、初めてダンススタジオに行く方が絶対に見ておくべき設備は鏡です。
鏡がキレイで大きく、できれば壁全てに張ってあることが理想です。
レッスンの場合でも、意外と重要なのが先生によるお手本のダンスなので、先生の動きを近くで見せてもらえることがベストですが、生徒がたくさんいる場合は離れた場所からスタジオに張ってある鏡をよく見て先生の動きを真似ていくことになりますので、どこからでも先生の動きが見えるよう、キレイで大きな鏡が貼ってあることが理想なのです。
リフレクトダンススタジオでは必須である鏡が全部屋に常設されています。
では、実際にどんな部屋があるのかご紹介していきましょう。



どんな部屋があるの??


リフレクトダンススタジオは、音楽スタジオならではのノウハウを活かしたダンススタジオがあります。
また、スクールやレッスンではなく、自由に使っていただける空間を時間貸ししており、料金も1時間単位で設定されているので、用途に合わせて使いやすくなっています。
ダンスの先生が生徒さんを連れてきてレッスンの場所として使ったり、ダンススクールで学んだことを復習する為に自主練習の目的で使ったり、結婚式の余興練習など、様々な用途でご利用いただけます。
リフレクトスタジオは音楽スタジオとダンススタジオが併設しており、全店で約20部屋あります。
部屋の大きさも様々で、大人数でご利用いただくのに最適な60帖の部屋から個人練習として利用しやすいお部屋までお選びいただけます。



まずはお気軽にお問い合わせ下さい


名古屋ダンススタジオ リフレクトスタジオでは音楽スタジオならではのノウハウを活かしたお部屋をご用意しております。
お客様のご利用用途に合わせたお部屋をご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

マガジン一覧に戻る

オススメのお部屋

スタジオ一覧を見る

ページトップへ

名古屋のダンススタジオ リフレクトダンススタジオ

COPYRIGHT © 2015 REFLECT DANCE STUDIO.
ALL RIGHTS RESERVED